「文化のために迅速な支援を」、音楽・演劇・映画の3団体が復興基金創設を要請

昨日5月22日に、文化芸術復興基金創設に関する省庁要請ならびに記者会見が、東京・衆議院第一議員会館で行われた。会見には「演劇緊急支援プロジェクト」よりserial number / TOKYO演劇人の会代表の詩森ろば、文学座 / 日本劇団協議会会長の西川信廣、青年劇場 / 日本劇団協議会の福島明夫、「SaveOurSpace」よりLIVE HAUSのスガナミユウ、ロフトプロジェクト社長の加藤梅造氏、「SAVE the CINEMAプロジェクト」より諏訪敦彦とユーロスペース支配人の北條誠人氏が出席。司会を馬奈木厳太郎弁護士とミナモザの瀬戸山美咲が務めた。