「J-LODlive補助金」海外配信の動画コンテンツ助成

コロナで中止・延期の公演に対し、無観客公演の動画の海外配信に助成金「J-LODlive補助金」

特定非営利活動法人映像産業振興機構(VIPO)は、経済産業省の令和2年度「コンテンツグローバル需要創出促進事業費補助金」(通称:J-LODlive、読み:ジェイロッドライブ)の補助事業者として、無観客公演等の収録映像を活用した動画の制作・海外配信の支援事業を実施する。

関連サイト⇒【J-LODlive補助金のお知らせ】コンテンツグローバル需要創出促進事業費補助金

本助成金は、新型コロナウイルス感染症の影響で公演を延期・中止した主催事業者に対し、今後実施される無観客公演やライブ公演の開催、並びに同公演動画の海外配信の費用の一部を補助するもの。

対象分野は音楽、演劇等のほか、伝統芸能を含む芸能コンテンツ全般で、2/1以降に予定していた公演を延期・中止した法人に限られる。補助上限額は、費用の半分(1件につき上限5,000万円)で、出演料、制作費、会場費、運営費、権利使用料、感染予防対策費ならびに動画の制作費・海外配信費などが対象となる。申請の受付開始は5月下旬を予定しており、申請手続や制度詳細はホームページで告知する。

「J-LODlive補助金」海外配信の動画コンテンツ助成制作ニュースで公開された投稿です。