荒牧慶彦、健人が“狂言”に挑戦『能楽男師』第2回公演キービジュアル公開

014197.png

大蔵流狂言師・善竹富太郎の監修のもと、若手俳優が伝統芸能“狂言”の世界を表現し、「能楽」を後世へ伝えるプロジェクト『能楽男師』の第2回公演が、2020年3月15日(日)に行われる。今回は、荒牧慶彦と健人が初参加し、「鴈礫(がんつぶて)」と「附子(ぶず)」の2演目を上演する。 荒牧は「鴈礫」...