阪神淡路大震災から未来へ向かう人々を描く WITH YOU 舞台『尊~1000万ドルの夜景』2月27日から東京・神戸で上演


WITH YOU「尊~1000万ドルの夜景」
WITH YOU「尊~1000万ドルの夜景」
 

WITH YOUによる舞台「尊~1000万ドルの夜景」が2月27日(木)から東京・サンモールスタジオで上演される。

 
WITH YOUは、俳優の奥野裕介によるプロジェクト。本当にやりたい事、自分にしか出来ない表現を追及していく為に2014年に初公演『ビーフシチューはビールで煮込んで』を上演し、WITH YOUを立ち上げた。

今回の『尊(mikoto)~1000万ドルの夜景』は、阪神淡路大震災の事実を風化させることなく、次世代につないでいくことを目的として上演される。
脚本家は実際に被災しており自身の経験を元に脚本を執筆。今作品では子供たちの歌と笑顔に救われ、止まってしまった人々の時計がまた少しずつ未来へ動き出す様を描いていく。

主演は歌手・アーティストのゆーゆ。さらに金田賢一、永澤菜教などが出演する。
また、神戸公演では現地で人気の高いアーティストの「ワタナベフラワー」「ひづきようこ」が日替わりゲストとして出演する。

 

STORY

1995年の神戸。
阪神淡路大震災に見舞われた歳で、多くの人が下を向き、生きる気力も希望も無くしている中一人、元気に笑顔で歌を歌っている
1人の少女がいた。
名前は中西有希子。被災地の子供たちに歌で希望を与えている少女、しかし人々から「死神」と罵られ、さげすまれていた。
そんな彼女はある日、東京からボランティアとしてやってきた女の子と運命的な出逢いを。
名前は足立利香。利香は東京で親友を亡くしたことがきっかけで生きる意味を見いだせず、歌うことが出来ずにいたのだった。
被災地神戸で歌い続けることを選択した有希子。大好きな歌に失望し歌えなくなった利香。
運命に引き寄せられた二人は、、、。
少女達の選んだ道で神戸の人々の心に訪れた変化とは

 

加藤公嗣(制作)

阪神淡路大震災から25年たち、実際の記憶を持っていない若い方も増えてきています。今回の作品には実際にあったエピソードも盛り込まれていて切迫した臨場感が再現されています。
ゆーゆの初主演に加え、ベテラン俳優の金田賢一が要所を締めていますので、是非ご覧ください。

 
本作は2月27日(木)から東京・サンモールスタジオで上演される。
詳細は公式サイトで。

 
(文:エントレ編集部)

 

公演情報

WITH YOU「尊~1000万ドルの夜景」

【原作】宮川文吾
【脚色・演出】笹浦暢大

【出演】ゆーゆ、田中杏佳、加藤由紀、永澤菜教、奈良平愛実、細川良夢、冨田恭子、楠本真子、北出浩二、三井信人、網切 幸大、長澤仙明、佐上優、紙原聡史、上杉潤、長澤水萌、奥野裕介、金田賢一

2020年2月27日(木)~3月1日(日)/東京・サンモールスタジオ
2020年3月6日(金)~3月8日(日)/兵庫・神戸三宮シアター・エートー

公式サイト
WITH YOU「尊~1000万ドルの夜景」

チケット
こりっち