木ノ下歌舞伎『三人吉三』5時間超のキノカブ超大作、再び

014114.jpg

東京芸術劇場 プレイハウスにて、木ノ下歌舞伎(通称:キノカブ)による『三人吉三』が2020年5月から6月にかけて上演される。本作は、木ノ下歌舞伎主宰の木ノ下裕一が監修・補綴し、杉原邦生が演出・美術を手掛ける作品。2014年に初演された際は、読売演劇大賞(2015年)上半期作品賞にノミネート...