「第71回読売文学賞」に松尾スズキ

松尾スズキ「命、ギガ長ス」第71回読売文学賞受賞

読売新聞社主催の「第71回読売文学賞」が1日に発表された。戯曲・シナリオ部門では、松尾スズキの「命、ギガ長ス」(白水社)が受賞。賞金は200万円。贈賞式は17日、東京・内幸町の帝国ホテルにて行われる。

関連サイト⇒白水社ホームページ 松尾スズキ「命、ギガ長ス」

同賞は、1949年度(昭和24年度)に創設。小説、戯曲・シナリオ、随筆・紀行、評論・伝記、詩歌俳句、研究・翻訳の6部門で、過去1年間に発表された作品を対象とし、選考委員の合議により受賞作品が決定される。今回受賞した「命、ギガ長ス」は、昨年7・8月にかけてザ・スズナリ(東京都世田谷区)ほか5都市で上演された、松尾スズキプロデュース 東京成人演劇部と銘うった新ユニットでの二人芝居だ。

「第71回読売文学賞」に松尾スズキ制作ニュースで公開された投稿です。