私達はどんな「孤独」と向き合っているのだろうか? 劇団キンダースペース『銘々のテーブル ~あるいは、孤独に向かって~』2月19日から両国・シアターXで上演


劇団キンダースペース『銘々のテーブル ~あるいは、孤独に向かって~』
劇団キンダースペース『銘々のテーブル ~あるいは、孤独に向かって~』
 

劇団キンダースペース『銘々のテーブル ~あるいは、孤独に向かって~』が2月19日(水)から両国・シアターXで上演される。

 
劇団キンダースペースは1985年、オリジナル演劇の製作と上演を目的に、代表の原田一樹を中心に結成。創立以来、年間2本から4本のオリジナル創作劇を製作・上演している。
また、1996年からは地域の小劇場劇団の自覚を持ち、演劇それ自体の普及と地元一般市民との交流を目的に、ひと月半に1度のペースでワークショップをアトリエにて開催。これまでにおよそ800名以上が参加するなど、演劇振興にも力を入れている。

 
 第40回本公演「白痴」  2019.2/20~24 シアターカイ
第40回本公演「白痴」 2019.2/20~24 シアターカイ

 
今回上演されるのはテレンス・ラティガンの「銘々のテーブル」。本作を劇団主宰の原田一樹が翻訳・演出する。
出演は瀬田ひろ美、小林もと果、古木杏子、森下高志など。

 

あらすじ

イギリスの海岸沿いの小さなホテルが舞台。

第一幕「窓ぎわのテーブル」。
ホテルの支配人クーパーと、ここに住むジョン、そしてかつてジョンの妻であったアンの物語。不器用な愛情は互いをとことんまで傷つけ合う。

第二幕「七番テーブル」。
自分を表せない娘シビルと、経歴を些少するポロックの、求め合いながらもすれ違う心。
他にも、ひと癖ある登場人物たちは一様にそれぞれの孤独を抱えている。

 

原田一樹(翻訳・演出)

「孤独」を求めて「共存」を恐れず。

ラティガンは、不信と疎外と、それによってもたらされる「孤独」を見つめ、描いた。演劇史における彼の評価が高くないのは、大戦後の社会体制が大きく揺らぐ時、あたかもそれらに背を向け、中流層の内面を描き続けたことによる。だが、ベルリンの壁が壊され、また造られようとしている現在、私達はどんな「孤独」と向き合っているのだろうか。今、もう一度ラティガンの「孤独」と向き合うことが求められている。

 
本作は2月19日(水)から東京・両国 シアターXカイで上演される。
詳細は公式サイトで。

(文:エントレ編集部)

 

 

公演情報

劇団キンダースペース 第41回公演 k#90『銘々のテーブル ~あるいは、孤独に向かって~』

【作】テレンス・ラティガン
【翻訳・演出】原田一樹

【出演】瀬田ひろ美、小林もと果、古木杏子、森下高志、榊原奈緒子、齋藤美那子、関戸滉生、坂本奈都実、阿部百合子(劇団俳優座)、石井ゆき(劇団昴)、花ヶ前浩一(アルファセレクション)、白州本樹、北夏央里(スターダス・21)

2020年2月19日(水)~2月23日(日)/東京・両国 シアターXカイ

公式サイト
劇団キンダースペース 第41回公演 k#90『銘々のテーブル ~あるいは、孤独に向かって~』

チケット
こりっちチケット 電話やメールなどでの申し込みはこちら