劇団晴天が「CoRichチケット!」と「PassMarket」を組み合わせ、クレジットカード・コンビニ決済による事前決済を実現

劇団晴天『共演者』

ヤフー株式会社が提供するソーシャルチケットサービス「PassMarket」は、事前決済とeチケット機能を備え、Yahoo! JAPAN IDがあればコンビニ決済も可能なことから、小劇場演劇でも採用する団体が増えています。

このサービスと「CoRichチケット!」による当日精算の両立を実現したのが、劇団晴天『共演者』(1/9~1/15、東京・小劇場楽園)。

「クレジット事前精算」という券種を設け、「PassMarket」側では非公開イベントとして同じ内容を設定しておきます。「CoRichチケット!」から届くメールに記載された「PassMarket」のURLとパスワードを知らなければアクセス出来ないため、販売は「CoRichチケット!」で行ない、決済と発券を「PassMarket」にさせるのです。詳しい画面遷移は下記をご覧ください。

共演者2020「【500円お得!】事前精算 予約方法解説」

データ連携しているわけではないので、両方のシステムで同じ日時を選んでもらう必要がありますが、「PassMarket」を非公開にして決済専用にしたアイデアが光ります。「CoRichチケット!」で事前決済する場合、これまでは銀行振込しか方法がありませんでしたが、決済機能を備えた別のシステムを組み合わせることで、クレジットカードやコンビニ決済を可能にしました。銀行振込の手間や振込手数料が必要なく、料金も当日精算・当日券の4,000円に対して3,500円の設定です。

クレジットカードを持っている観客なら、絶対にこちらを選ぶでしょう。考案した制作者は類家アキヒコ氏(劇団カツコ)。