「椿姫」に向け、矢内原美邦「現代から未来に繋がるような新しいオペラを」

全国共同制作オペラ「ヴェルディ / 歌劇『ラ・トラヴィアータ』(椿姫)全幕」の記者会見が11月18日に東京・東京芸術劇場にて行われ、演出・振付を担当する矢内原美邦と、アルフレード役の宮里直樹、ジェルモン役の三浦克次、フローラ役の醍醐園佳、アンニーナ役の森山京子らが出席した。