「第31回池袋演劇祭」大賞決定!

大賞に電動夏子安置システム、「第31回池袋演劇祭」

「第31回池袋演劇祭」の授賞式が10月28日(月)あうるすぽっと(東京都豊島区)にて行われた。大賞には、電動夏子安置システム「ベンジャミンの教室」が選出された。優秀賞は、イマノカゲキ「みんなのお葬式」、ラビット番長「カチナシ!」の2作品。また、大会前夜祭にて行われた、2分間の持ち時間の中で公演をPRするパフォーマンスを行う「予告編・CM大会」の優秀賞には、劇団The TimelessLetter「SEVEN STORIES」が選ばれた。

関連サイト⇒第31回池袋演劇祭賞受賞団体一覧

「池袋演劇祭」は、平成元年(1989年)から地域密着型の演劇祭として毎年9月に開催され、今年で31回目を迎えた。豊島区及びその近郊で上演される大会参加作品の中から、一般公募で選出された審査員100名の採点によって全ての賞が選出されるのが大きな特徴である。今年は9月1日から30日の間、50団体が参加し、豊島区近隣16会場にて開催された。大賞受賞団体は、来年の演劇祭の招待公演として、あうるすぽっと共催で上演を行い、その中で劇場の無償提供・広報面のサポートを受けることができる。

「第31回池袋演劇祭」大賞決定!制作ニュースで公開された投稿です。