「マグフェス’20」演劇・戯曲コンペティション参加募集

「かながわマグカル演劇フェスティバル2020」演劇・戯曲コンペティション参加作品の募集開始

神奈川県は、文化芸術を通じて地域のにぎわいを作り出すために取り組んでいる「マグカル」事業の一環として、「かながわマグカル演劇フェスティバル2020(マグフェス’20)」を開催する。期間は2020年2月29日(土)~3月31日(火)。同演劇祭のメインイベントである「かながわ短編演劇アワード2020」では「演劇コンペティション」の出演団体と「戯曲コンペティション」の戯曲作品を募集中だ。演劇コンペティション最優秀賞は賞金100万円、戯曲コンペティションは賞金20万円。どちらも応募締め切りは12月2日(月)。

関連サイト⇒かながわマグカル演劇フェスティバル2020(マグフェス’20)

同コンペティション出場作品は30分以内の上演時間であることが条件で、プロアマを問わず全国から応募団体を募っている。本戦はKAAT神奈川芸術劇場大スタジオにて行われる。企画アドバイザーは半澤裕彦。審査員には、演劇は岡田利規、スズキ拓朗、徳永京子らが、戯曲は市原佐都子、北川陽子、瀬戸山美咲、矢内原美邦が名を連ねる。なお、この他にも「かながわミュージカルアワード2020」や、神奈川県内の高校生による「22世紀飛翔枠選抜大会」も開催する。詳細はホームページへ。

「マグフェス’20」演劇・戯曲コンペティション参加募集制作ニュースで公開された投稿です。