劇団協「日本の劇」戯曲賞2019 最終候補作品発表

日本劇団協議会『「日本の劇」戯曲賞2019』 最終候補7作品発表

公益社団法人日本劇団協議会(劇団協/東京都新宿区)は、『「日本の劇」戯曲賞2019』の最終候補作品を発表した。

関連サイト⇒「日本の劇」戯曲賞2019 最終候補作品決定!

今回の応募総数は53作品で、第一次選考の結果、7作品を最終候補作品として選出した。最優秀賞受賞作品は2019年10月上旬、劇団協WEBにて発表される予定。なお、同賞の選考は作者情報が非公開の状態で行われるため、一次選考の段階では作品名のみの発表となっている。

「日本の劇」戯曲賞2019 最終候補作品

・たらちねの僕
・全部、在る。
・分けて数えるだけの手作業
・かちかち山異聞
・待雪草の咲くころ
・ガラスの部屋のミューズ
・ノガミの獣
(受付番号順)

劇団協「日本の劇」戯曲賞2019 最終候補作品発表制作ニュースで公開された投稿です。