鈴木裕美、4人の俳優と「辿り着けるところへ」舞台『絢爛とか爛漫とか』顔合わせレポート

012675.jpg

2019年夏、約4週間に渡り、4人芝居ロングラン公演として上演される舞台『絢爛とか爛漫とか』。繰り返し上演されているこの戯曲の、初演の演出を手掛けた鈴木裕美のもと、安西慎太郎、鈴木勝大、川原一馬、加治将樹が集った。本番に向け日々稽古が進んでいるが、座組が産声を上げる最初の日――顔合わせ日を...