松下優也、平間壮一らが向き合う“家族”という切れない関係――『黒白珠』稽古場レポート

012128.jpg

2019年6月7日(金)より、舞台『黒白珠』が上演される。本作は、青木豪が脚本を書き下ろし、河原雅彦が演出を手掛ける新作公演。1990年代の長崎を舞台に、『エデンの東』をモチーフに、家族への愛と葛藤の中でもがく双子の兄弟を、松下優也と平間壮一が演じる。その稽古場を取材した。 (以下、一幕の...