ドラマ教育ファシリテーターの養成WS-芸劇

東京芸術劇場「英国のドラマ教育の現場よりファシリテーターのためのワークショップ」申込締切1/25

東京芸術劇場では、第一線で活躍する英国のファシリテーターを講師に迎え、ドラマ教育ファシリテーターを養成するワークショップ(入門編・上級編)と、レクチャーを2月に開催する。応募締切は、ワークショップが1月25日(金)、レクチャーは定員になり次第受付終了。

関連リンク⇒東京芸術劇場「英国のドラマ教育の現場よりファシリテーターのためのワークショップ」開催

今後、多文化共生の意識と多様性を尊重する社会が求められていく中で、さらに必要とされるであろうドラマ教育のファシリテーターの養成や、劇場や舞台に関わる人たち(運営、制作、俳優など)の、社会との関わり方や取組について考察する。

■ワークショップ(入門編)
① 2月17日 (日) 15:30~18:30
「ファシリテーションについて①~ゲームやエクササイズの紹介~」
② 2月24日 (日) 15:30~18:30
「ファシリテーションについて②~アウトリーチに向けて~」
<定員・料金>
参加者:20名/回 1,000円/回
見学者:10名/回 500円/回
※対象は、演劇活動を行っている方、ファシリテーターに興味のある方、教育関係に関わる活動をしている方。

■ワークショップ(上級編)
2月12日~2月23日(15,17,18,19日は休み)
<定員・料金>
20名 12,000円
※対象は、ドラマ教育ファシリテーターとして活動している方、プロのファシリテーターを目指している方

■レクチャー
① 2月17日 (日) 11:00~13:00
「英国の劇場における教育普及プログラムの紹介」
② 2月24日 (日) 11:00~13:00
「劇場に来ない(来られない)人たちに向けたアウトリーチの紹介」
<定員・料金>
60名/回 500円/回

ドラマ教育ファシリテーターの養成WS-芸劇制作ニュースで公開された投稿です。