姫路市文化コンベンションセンター考える座談会(上)

兵庫県姫路市がJR姫路駅東で2021年度に開館を予定し、今秋着工した市文化コンベンションセンター。ホールや展示場を備える新施設の誕生はまちの空気をどう変えるのか。観光や産業振興、文化・芸術活動、地域づくりに関わる市民らの生の声を座談会形式で2回にわたって紹介する。 ■期待と不安にどう応える? −まずは整備計画の進め方や内容について 橋本「来年で65年を迎える姫路労音は年十数回のコンサートを今の文化センターなどで開いてきた。新しいホールができるのはうれしい。でも、どう運営されるのか、市民が求めるような場 ...