岡田将生が挑む『ハムレット』オフィーリアには黒木華!

ハムレット ト

Bunkamuraシアターコクーンでは、2019年5月に岡田将生の主演で『ハムレット』を上演する。
演出は今作で日本初登場となるサイモン・ゴドウィン。ロンドンを拠点に活動し、現在はロイヤル・ナショナル・シアターのアソシエイトディレクターを務めている。同劇場での『Antony & Cleopatra』が今秋開幕し、主演のレイフ・ファインズの人間味と色香に溢れる熱演とともに、その演出が高く評価されている。12月には『Timon of Athens』(主演:キャサリン・ハンター)がストラッドフォード・アポン・エイヴォンにて開幕。また、2019年8月からはロイヤル・ナショナル・シアターを離れ、ワシントンD.C.に拠点を移し、Shakespeare Theatre Company の芸術監督を務めるなど、英国のみならず、世界的に最も注目される演出家の1人。そして彼が信頼する、トニー賞にノミネート経験もあるセット・衣裳デザイナーのスートラ・ギルモアが、この『ハムレット』でもタッグを組む。

【あらすじ】 
舞台はデンマーク。国王が急死し、王の弟クローディアスは王妃ガートルードと結婚し、跡を継いでデンマーク王の座に就く。
父王の死と母の早い再婚とで憂いに沈む王子ハムレットは、従臣から父の亡霊が夜な夜なエルシノアの城壁に現れるという話を聞き、自ら確かめに行く。父の亡霊に会ったハムレットは、実は父の死はクローディアスによる毒殺だったと告げられる。
父の復讐を誓ったハムレットは狂気を装う。王クローディアスと王妃ガートルードはその変貌ぶりに憂慮するが、宰相ポローニアスは、その原因を娘オフィーリアへの実らぬ恋ゆえだと察する。父の命令で探りを入れるオフィーリアを、ハムレットは無下に扱う。やがて、王が父を暗殺したという確かな証拠を掴んだハムレットだが、母である王妃と会話しているところを隠れて盗み聞きしていたポローニアスを刺殺してしまう──。

王子ハムレットに挑むのは、テレビ・映画のみならず『ニンゲン御破算』(2018年6月シアターコクーン)をはじめ、舞台でも精力的に活躍、確かな演技で観客を魅了する岡田将生。初舞台の演出家、蜷川幸雄に「いつか君とシェイクスピアをやりたい」と言われていたこともあり、待望のシェイクスピア作品、念願のタイトルロールとなる。
恋人のオフィーリアには、DISCOVER WORLD THEATREシリーズ第1弾『るつぼ』(2016年10月)で主役を翻弄する悪女を演じ、話題の映画にも数多く出演する黒木華。二人は5年前にドラマでは共演しているが、舞台では初共演となる。
主人公の母親王妃ガートルードには、同じく『るつぼ』で純粋な妻を演じ、最近も『ゲゲゲの先生へ』など話題の舞台出演が続く松雪泰子。復讐に燃えるレアーティーズ゙に青柳翔、ノルウェー王子フォーティンブラスに村上虹郎と、若手の大注目株が並ぶ。さらにはポローニアスに山崎一、クローディアスに福井貴一と実力派ベテラン陣が揃った。またホレイシオには、さいたまネクストシアターの竪山隼太、劇中劇の女王に秋本奈緒美をはじめ、演出家ゴドウィンのワークショップから選ばれた精鋭たちが脇を固める。
日本の演劇界を牽引する豪華キャストと、英国演劇界の第一線を走る演出家との邂逅に期待が集まる。

〈公演情報〉
Bunkamura30周年記念
シアターコクーン・オンレパートリー2019 DISCOVER WORLD THEATRE vol.6
『ハムレット』
作◇ウィリアム・シェイクスピア  
翻訳◇河合祥一郎 
演出◇サイモン・ゴドウィン    
美術・衣裳◇スートラ・ギルモア  
出演◇岡田将生、黒木華、青柳翔、村上虹郎、竪山隼太、玉置孝匡、冨岡弘、町田マリー
薄平広樹、内田靖子、永島敬三、穴田有里、遠山悠介、渡辺隼斗、秋本奈緒美
福井貴一、山崎一、松雪泰子
●2019/5/9~6/2◎Bunkamuraシアターコクーン
〈料金〉S席10,500円 A席8,500円 コクーンシート5,500円(全席指定・税込) 
〈発売日〉2019年3月2日(土)10:00AM
〈お問い合わせ〉Bunkamura 03-3477-3244(10:00~19:00)
●2019/6/7~11◎森ノ宮ピロティホール
〈料金〉11,000円(全席指定・税込) 
〈発売日〉2019年4月14日(日)10:00AM
〈お問い合わせ〉キョードーインフォメーション 0570-200-888(10:00~18:00)

方南ぐみ企画公演『伊賀の花嫁』


kick shop nikkan engeki