下妻市が複合防災施設等市場調査結果/新庁舎はDB、DBO

【交流CはDBO、BTO】 茨城県下妻市は19日、下妻市複合防災施設等整備官民連携事業のサウンディング型市場調査結果を公表した。参加した6事業者からは、事業スキーム・契約形態について新複合庁舎はDB(設計・施工一括)かDBO(設計・施工・運営)、地域交流センターはDBOかBTO(建設・譲渡・運営)が適正との意見がほとんどだった。余剰地活用事業における土地の土地扱いは、売却が望ましいが、定期借地でも活用できる可能性はあるとの意見が出た。これらの意見を参考に2018年度内に庁舎等建設基本計画を策定する予定 ...