中野サンプラザ 後継施設 「2000〜3000人規模に」再整備へ活発議論

解体される中野サンプラザ(中野区)と周辺地区の再整備をテーマに議論している「区役所・サンプラザ地区再整備推進区民会議」が12日、中野区内であり、委員が班ごとに分かれて意見を発表した。サンプラザの後継施設として最大1万人を収容できるアリーナを建設する案がある中、委員からは「2000から3000人規模のホール」を求める意見が相次いだ。 (渡辺聖子) この日は、中野駅前と後継施設の間の空間を広場とする意見や、区民が使える小ホールや美術館、保育施設などをつくる提案があった。「中野らしさを求める」や「東京・中野 ...