新築移転した民間病院が、佐久市の公民館を併設

病院が地域や行政と連携し、活性化の取り組みに貢献 大型商業施設の撤退でさびれてきていた長野県佐久市のJR中込駅前に、昨年4月、地元の社会医療法人恵仁会くろさわ病院が新築移転した。「まちづくりに貢献したい」という理事長の熱意に佐久市や地元の商工団体も協力。公民館の併設や院内のレストラン・売店の運営などで、連携して中込地区を活性化しようとしている。民間病院に自治体の公民館が入居する例は全国初だという。 まだ新しい、くろさわ病院の建物には3つの入り口がある。同病院は83床のベッドを持つ病院と、入所定員82人 ...