平塚市 見附台開発 事業者を選定

新文化センターなど概要公表 市民センター建て替えを含む「見附台周辺地区整備・管理運営事業(A・Cブロック)」について、平塚市は11月29日、応募のあった2グループの事業者提案を審査した結果、大和情報サービス(株)グループを優先交渉権者に決定したと発表した。 開発会社の大和情報サービスを代表とする同グループは清水建設や地元の湘南造園、エス・ケイ・ディなどで構成。運営は渋谷ヒカリエホールなどを手掛ける劇場プロデュース会社、シアターワークショップが担当する。 市公表の提案概要によると、「平塚の人・文化活動で ...