中川晃教、アジア最大のミュージカル・フェスティバル「2018スターライト・ミュージカル・フェスティバル」 (韓国)に出演決定

 
10月に韓国・仁川(インチョン)のパラダイス・シティで開催される「第3回 2018スターライト・ミュージカル・フェスティバル」(2018 Starlight Musical Festival、主催:PLエンターテインメント)に、中川晃教が出演することが発表された。
日本人がこのフェスに招待され、出演するのは初。1111 - コピー.jpg

「スターライト・ミュージカル・フェスティバル」は、韓国ミュージカル界のスターたちと、海外から特別招待されたゲストたちが多数参加し、1万人規模の観客を動員するフェスティバル。
ウエストエンド『ミス・サイゴン 25周年記念』のトゥイ役で世界的に注目され、韓国では『ジキル&ハイド』『オペラ座の怪人』『デスノート』等多くの主演を飾っているホン・グァンホを始め、キム・ソニョン(『マディソン郡の橋』『ウィキッド』)、チョ・ジョンウン(『エリザベート』『レ・ミゼラブル』)他多数の韓国を代表するミュージカル俳優が所属している、韓国内最大のミュージカルマネジメント大手のPLエンターテイメントが手がけ、2016年に初めて開催、今年で3回目の開催となる。
 
そんなフェスに日本人で初めて参加することになった中川。フェスティバル主催者側は、「世界各国のミュージカル・スター達を見てきたが、彼ほどの美しい高音を出す俳優は世界でもなかなか存在しない。You tubeで歌っている映像を初めて見て、思わず息を飲み、この人しかいないと思った。今回、日本の超一流の俳優を観客の皆さんに紹介できることを、大変嬉しく思っている」とキャスティングの背景を語る。
111 - コピー.jpg 
中川は韓国発のミュージカル『フランケンシュタイン』の日本公演で主役のビクターを好演したり、それ以前にもまだ高校在学中の1999年、韓国・中央大学で開かれたシンポジウム「私たちのミレニアム」で直接作詞・作曲した曲『ミレニアム』を発表したりと韓国との縁も深い。

その中川は「日本のみならず、世界でも、舞台はもちろん映画でも今ミュージカルがエンターテイメントの新しい時代を切り開く一つの要素であることを感じます。そんな今、このように韓国で開催されるグローバルなフェスティバルに私も参加することができることを嬉しく思っています。韓国の歌手の皆さんは本当に歌が上手いので、本物の皆さんとの共演も心から楽しみにしていますし、尊敬の気持ちで、歌わせていただきたいと思っています」とコメントを発表している。

 
【公演情報】
2018『スターライト・ミュージカル・フェスティバル』
日程:10月20日(土)・21日(日)
※中川の出演は10/20(土)。
会場:仁川 パラダイス・シティ(韓国)
公式HP: http://www.starlightmusical.com