公設民営で19年度設計/PFI断念、延べ4300?/大野市文化会館

福井県大野市は、文化会館整備事業に伴う事業手法と整備スケジュールを固めた。PFIの導入は断念し、従来手法(指定管理者制度による公設民営)を採用。2019年度に基本・実施設計を発注し、21年度から着工する方針だ。 基本計画案によると、整備コンセプトとして▽常に市民が集い、市民が主役となるステージ▽多目的に使える機能性を重視した質の高いホール▽シンプルに美しく、市民の手で長く愛され続ける施設−−を掲げている。 規模は延べ約4300?を想定。ホール部門が舞台と1000席程度の客席、ホワイエ、楽屋、技術諸室、 ...