三重)ふるさと会館で楽しもう 市民団体が存続願い催し

ふるさと会館いが(三重県伊賀市下柘植)の存続を願う市民団体が、廃止の危機にある大ホールをにぎわいで満たして存続につなげようと、9月に二つのイベントを企画した。団体の代表者らは「大勢の住民に窮状を知ってもらい、ホールの運営主体の確保などにつなげたい」と話している。 伊賀市は2015年の公共施設最適化計画で、市内4カ所にあるホールの集約を計画し、稼働率の低いふるさと会館いがのホールを閉鎖する方針を固めている。これに対し、地域住民が約5500人の署名を添えて存続を要望。今年5月には「ふるさと会館いが大ホール ...