Theme 神戸と仙台に定席 寄席文化浸透に知恵絞る

落語を中心とした演芸の公演が毎日開かれる「定席(じょうせき)」が今年、神戸と仙台に誕生した。ふらっと立ち寄り笑いに触れられるのが魅力の定席。長い歴史を持つ東京や、開場から10年以上を経た大阪などに続き、新たな街で寄席文化を定着させるべく、運営者らは知恵を絞っている。 先月11日にオープンした「神戸新開地・喜楽館」。こけら落とし公演に兵庫県加古川市から訪れた70代夫婦は「大阪まで行くのは遠かったので、神戸に寄席ができてうれしい」と喜んだ。かつては「東の浅草、西の新開地」と並び称された歓楽街は戦後、空洞化 ...