新設される文化芸術施設を応援 缶バッジの収益金寄付

宝塚ガーデンフィールズ跡地(兵庫県宝塚市武庫川町)で、2020年春のオープンを予定している「市立文化芸術センター・庭園」を多くの市民に知ってもらおうと、「新施設応援缶バッジ」を販売してきた市内の文化団体が22日、収益金40万円を市に寄付した。「まちにアートを」を合言葉に約1500セットを販売。寄付金は工事費などに使われる。 市内12の文化団体でつくる「宝塚文化団体連絡会」(若林成幸会長)が中心になり、「アート宝塚かって応援団!」の名前で活動を展開。13種類のバッジを作り、1セット500円で昨年10月か ...