徳島市の新ホール駅西計画見直しへ 

徳島市が徳島駅西側で計画していた新ホールの建設を見直す方針を固めたことが20日、分かった。事業費が高額になり、開館も5年遅れることが理由とみられる。代替地として、市文化センター跡地が挙がっている。 市は5月、新ホールの概算事業費が約141億円(税込み)になるとの見通しを示し、開館時期は当初予定の2023年度から28年度にずれ込むとした。 新ホールを巡っては、遠藤彰良市長が新町西地区再開発事業で予定されていた音楽・芸術ホールの買い取り価格156億円が高過ぎるとして、同事業から撤退。駅西側の新ホール建設を ...