石巻の新複合文化施設、開館は21年3月ごろ

宮城県石巻市は13日、新たな文化芸術拠点として整備する複合文化施設の設計内容を公表した。1、2階合わせ1250席の大ホールと300席の小ホールを設置し、市民ギャラリーや研修室、アトリエを備える。2021年3月ごろの開館を目指す。 東日本大震災で全壊した石巻文化センターと市民会館に代わる施設として、同市開成地区の市有地に建設する。地上4階で最も高い部分は36メートル。延べ床面積は1万3270平方メートル。施設本体の予定価格は66億4500万円。 大ホールは2階席をカーテンで仕切り、中ホールとしても利用で ...