<秋田・新文化施設>23億円増に市議ら批判 事業費高騰254億円

秋田県と秋田市が市中心部の県民会館跡地に共同整備する新文化施設の総事業費が、6億円増額した昨年12月時点の見積もりよりさらに23億円増え、約254億円に膨らむ見通しであることが、27日分かった。 県によると、増額分は建設資材や作業員の労務費約12億円、県産材や伝統工芸品の活用に伴う費用約9億円など。県文化振興課は「建設業界の人手不足による人件費高騰などが響いている。建築材の変更を含め、経費削減に取り組む」と説明する。 当初計画では総事業費を約225億円と積算していた。しかし昨年12月、埋蔵文化財調査費 ...