JR横浜線連続立体交差 課題残るも「技術的に可能」 市が調査結果公表

市はこのほど、JR横浜線の一部区間を地下化、高架化する連続立体交差事業の調査結果を公表した。調査結果の中では工事を行う上で課題はあるとしながらもともに技術的に実施可能と報告。概算事業費は地下化方式は最大2000億円、高架化方式は最大800億円が見込まれている。 連続立体交差が検討されているのは矢部駅から橋本駅付近までの約3・7Kmの区間。市が進める相模原駅、橋本駅周辺を一体的に整備する広域交流拠点事業において、周辺道路の渋滞緩和や線路によって分断されている相模原駅周辺の環境を改善し、南北一体の市街地形 ...