坂元裕⼆・脚本、豊原功補・演出で明後⽇公演 2018 『またここか』9月に上演!

吉村界人岡部たかし吉村界⼈・岡部たかし
木下あかり小園茉奈⽊下あかり・⼩園茉奈

昨年、芝居噺『名人長二』を上演して話題を呼んだ明後⽇プロデュースが、その第三弾として『またここか』を、9月30日~10⽉8⽇、DDD⻘⼭クロスシアターで上演する。

脚本は、ドラマ『カルテット』『最⾼の離婚』『それでも⽣きてゆく』『anone』など珠⽟の作品を世に送り出してきた脚本家・坂元裕⼆が本公演のために書き下ろすした新作。演出には、2017年5月に芝居噺『名人長二』で、初の企画・脚本・演出・主演の四役を果たした豊原功補。旧知の仲である⼆⼈が初めてタッグを組む本作は、ガソリンスタンドを舞台に繰り広げられる男⼥四⼈の会話劇。濃密な台詞が紡ぐ奇妙で危うい愛の物語となる。

出演は映画『モリのいる場所』、連続ドラマ『スモーキング』など、映画・テレビでの活躍がめざましい若⼿俳優・吉村界⼈。城⼭⽺の会など、舞台俳優として独特の存在感を放つ岡部たかし。映画『あゝ、荒野』で印象的なヒロインを演じた⽊下あかり。ナイロン100℃で活躍中の個性派⼩園茉奈の4人。

【STORY】
家族は⾞だ、⾎で⾛る⾞だ。それが⼝癖だった⽗がニロティカスマットのバーキンを残して失踪した。その⾜跡を辿るうちに、俺(岡部たかし)は読者モデルの⼥(⽊下あかり)から異⺟弟(吉村界⼈)の存在を知らされる。
弟の働くガソリンスタンドは東京サマーランドのそばにあって、夏になると修羅場と化す。物産展に⾏くことしか考えてないバイト(⼩園茉奈)はまるで仕事をせず、弟は⾃らの妄想におびえ、夜になると店に⽕を放つ夢を思い描いていた。⽗は⼀体どこに消えたのか。
夜ごと俺たちは排気ガスと灼けたタイヤの匂いが残る店内で晩餐を繰り返し、弟が持つ秘密に近づいて⾏く。俺は知ってしまった。「これは罠か! そもそもこの⼥、読者モデルには⾒えない!」
ガソリンタンクの埋まる地下への扉を⾒つけた俺たち兄弟は今ゆっくりとその梯⼦を降りはじめた。

 
〈公演情報〉
a6fa65e9a253d716264513e6bb5b4225
 
明後⽇公演 2018『またここか』
脚本:坂元裕⼆
演出:豊原功補
出演:吉村界⼈ 岡部たかし ⽊下あかり ⼩園茉奈
●9/28~10/8◎DDD⻘⼭クロスシアター
〈料金〉⼀般  6,800円 U-22  3,000円(全席指定・税込)
〈前売開始〉7⽉7⽇(⼟)⼀般発売開始
〈公式サイト〉http://asatte.tokyo/matakokoka/
 






『あなたの初恋探します』


kick shop nikkan engeki