「CoRich舞台芸術まつり!2018春」グランプリ発表

オパンポン創造社がグランプリ 「CoRich舞台芸術まつり!2018春」

ポータル・サイト「CoRich舞台芸術!」は、コンテスト形式のフェスティバル『CoRich舞台芸術まつり!2018春』の受賞作品を発表した。エントリー99作品(対象期間:3/1~5/31)の中から、グランプリには、オパンポン創造社『さようなら』が選出された。受賞作の再演資金として100万円が贈呈される。

関連リンク⇒ 『CoRich舞台芸術まつり!2018春』グランプリ発表

一次審査(ネット審査)で選出された10作品を、審査員5名が公演を鑑賞し、最終審査会議において各賞を決定した。なお、制作賞にはiaku『iaku演劇作品集』が選出された。団体主宰の戯曲提供公演(劇団俳優座)と連携した、“戯曲プレゼントスタンプラリー”実施などが評価の対象となった。

<受賞一覧>
■グランプリ
『さようなら』オパンポン創造社(大阪)

■準グランプリ
『巛(かわ)』ゆうめい(東京)

■制作賞
『iaku演劇作品集』iaku(大阪)

■最多クチコミ賞
『二ツ巴-Futatsudomoe-』壱劇屋(大阪)

■演技賞
・Aokid(ヌトミック「SUPERHUMAN」)
・占部房子(ミナモザ「Ten Commandments」)
・竹村晋太朗(壱劇屋「二ツ巴-Futatsudomoe-」)
・中村美貴(演劇企画集団LondonPANDA「平穏に不協和音が」)
・美香本響(オパンポン創造社「さようなら」)

「CoRich舞台芸術まつり!2018春」グランプリ発表制作ニュースで公開された投稿です。