栃木県栃木市/文化芸術館・文学館建設/コスト削減へ設計見直し

栃木県栃木市は、「(仮称)文化芸術館・文学館」の建設コストを削減するため、設計内容などを見直す。4月の選挙で初当選した大川秀子市長が見直しを指示した。既に実施設計を取りまとめる段階に入っているため、いったん実施設計を完了させた後、改めて建設コスト削減に向けた検討を進める。 大川市長は、財政健全化を図る方針などを掲げている。特に進めなければならない項目として文化芸術館・文学館の見直しを挙げた。見直しの方向性は固まっていない。関連業務を追加で発注する場合には、市議会に補正予算案を提案する方向だが、6月の定 ...