秋田 閉館した県民会館、備品の搬出進む 他施設で再利用へ

5月末に閉館した秋田市の県民会館とジョイナスの舞台設備や備品の搬出作業が進んでいる。県の他施設や市町村、公共団体で活用するほか、もらい手がなかったものは一般競争入札で売却する。 県文化振興課によると、県民会館とジョイナスの備品は、照明や音響機器などの舞台設備のほかソファやパイプ椅子、コインロッカーなど3千項目以上。このうち約7割が他施設で再利用される。 http://www.sakigake.jp/news/article/20180624AK0005/