城北高の人形会館改装 バリアフリー化

◆生徒ら記念公演 県立城北高校(徳島市)で17日、人形会館の改修工事が終わり、同高の生徒らによる人形浄瑠璃の記念公演があった。 人形会館は1965年に建築。舞台や太夫座、畳敷きの升席などを備える本格的な芝居小屋で、2015年に国登録有形文化財(建造物)に登録された。17年11月から耐震工事に着工、空調設備の新設や車いす用の観覧スペースを設置するなどバリアフリー化も行った。 公演には、関係者ら約120人が来館。同高民芸部が「寿二人三番叟さんばそう」を披露したほか、三好市出身の人形遣い、勘緑さんらによる「 ...