キラリふじみ、芸術監督を公募

キラリふじみ、多田淳之介の後任となる芸術監督を公募

富士見市民文化会館 キラリふじみ(埼玉県富士見市)では、芸術監督の公募を行っている。多田淳之介(東京デスロック)が9年間に渡って務めてきたが、後進に座を譲るべく、その座を降りることとなった。応募締め切りは7月18日(水) 。

関連サイト⇒富士見市民文化会館キラリふじみ芸術監督公募要項

契約任期は3年。年齢や国籍は不問で、演出家、プロデューサーなど演劇関係の実務経験が5年以上あることが応募資格となる。業務内容は演劇自主事業の年間プログラムや主催事業プログラムの広報宣伝活動、ワークショップなどアウトリーチ活動などに対する始動や助言。報酬は月額15万円となる(税・交通費込)。

【こちらもチェック!】
◆富士見市民文化会館 キラリふじみ 公式サイト

キラリふじみ、芸術監督を公募制作ニュースで公開された投稿です。