振り出しに戻った都城市民会館、建築学会が異例の活用提案

貸与先が10年不使用のまま返還申し入れ、再燃する保存論議の行方(前編) 10年前にいったんは保存活用が決まった旧都城市民会館が再び保存論議に揺れている。建築家・菊竹清訓氏(1928〜2011年)の設計で1966年に完成し、2006年に閉館した。保存を求める声の高まりを受け、南九州学園に無償貸与されたが、全く使われないまま10年が経過。同学園が市に返還を申し出た。これを受け日本建築学会は5月末、保存活用のたたき台(報告書)を市に提出した。まずは、これまでの経緯と報告書の一部を紹介する。 日本建築学会都城 ...