旭区版 観客交えて初の訓練

公演中の災害を想定 旭区民文化センター・サンハート(佐藤輝一館長)で5月30日、公演中の災害を想定した「避難訓練コンサート」が初開催された。職員に加えて約100人の観客が参加し、コンサート中に地震が起きた際の避難・誘導方法などを確認した。 横浜メディアアド・相鉄・神奈川共立共同事業体が管理する同館。同事業体が指定管理者となった2011年4月から、毎年9月の休館日に訓練を実施。全職員が参加し、避難に限らず消火器の取り扱い、帰宅困難者の一時受け入れを想定して取り組んできた。 しかし、これまでの訓練に参加し ...