6層延べ4700?想定/新庁舎基本計画案/ホール機能も検討/福岡県広川町

福岡県広川町は、新庁舎建設基本計画素案をまとめた。従来方式(設計施工分離発注)で整備し、施設規模は延べ床面積約4700?と設定した。6月中旬にも開く第7回庁舎建設委員会で素案の最終調整を行い、基本計画を答申する予定だ。 老朽化解消や耐震性能の確保のため、庁舎を建て替える。建設候補地は3カ所の中から、仮設庁舎の確保や仮移転が不要で事業費や工事期間を抑制できるとし、現庁舎敷地内の「現位置」を選定した。敷地面積は5694?となる。 施設は駐車場の確保や、将来の機能増設を考慮し「高層案」を採用する。6層を想定 ...