極上文學シリーズ第13弾は夏目漱石の『こゝろ』を2018年12月に

009594.jpg

本格文學朗読演劇として、日本文學の上質な世界観を立体的に表現する極上文學シリーズの第13弾が、2018年12月に上演されることが決定した。“読み師”と“具現師”で構成され、ビジュアルと音楽を含め、動いて魅せる本シリーズ。毎回、マルチキャスティング制による日替わりの組み合わせで、作品の多面性...