<抄録永田町>障害者文化芸術法案が衆院委可決

古川、福岡両氏が尽力 議員立法の障害者文化芸術活動推進法案が1日、衆院文部科学委員会で全会一致で可決した。古川康衆院議員(比例九州)と福岡資麿参院議員(佐賀)の佐賀県関係2議員が作成や提案に尽力した。「障害者の文化芸術活動は県が力を入れている分野で、法律により全国的な環境整備を進めたい」と口をそろえた。 両氏は障害者の芸術活動を後押しする超党派の議員連盟で共に副会長を務めている。2016年10月に法案をまとめたが、文科省の天下り問題や政権の不祥事による政局のあおりを受けて提出できず、今通常国会で悲願が ...