福井市財政難で150事業縮減検討

大雪影響、5億円を捻出 大雪対策の影響で財政難に陥っている福井県福井市は、本年度の財源不足解消を図るため、約700事業のうち市文化会館整備といった大型事業の先送りや既存事業の中止など約150事業を見直し、約5億円の捻出を検討していることが5月28日、関係者への取材で分かった。 市文化会館は、2023年春の北陸新幹線県内開業までに市東公園に新築移転する計画で、本年度一般会計当初予算では埋蔵文化財の試掘調査費などに370万円を計上している。先送りの検討事業の一つ、温泉施設「みらくる亭」大規模改修事業は、1 ...