複合施設、ホールに舞台と625席 陸前高田、概要固まる

陸前高田市が同市高田町のかさ上げ地で建設する市民文化会館(仮称)の概要が固まった。震災で全壊した市民会館と中央公民館の複合施設とし、ホールに舞台と固定型の625席を備える。6月に着工し、2020年春の開館を予定する。 アバッセたかた東側の敷地1・42ヘクタールに鉄筋コンクリート造り3階建てと木造平屋を組み合わせる施設を建設し、延べ床面積3591平方メートル。多目的室、音楽などの練習室、録音スタジオ、実習室、楽屋、ホワイエ、多目的トイレ、屋外デッキなどを備える。外構などを含む総工事費は27億円程度を想定 ...