白井晃×長塚圭史でディストピア小説『華氏451度』舞台化!

【華氏451度】アー写(6人2段組)
吉沢悠 美波 吹越満 
堀部圭亮 粟野史浩 土井ケイト

KAAT神奈川芸術劇場では、白井晃演出による舞台『華氏451度』の上演が決定した。9月下旬から10月にかけてのKAAT公演の後は、穂の国とよはし芸術劇場、兵庫県立芸術文化センターでも公演を行う。
 
原作は、アメリカの作家レイ・ブラッドベリによって1953年に書かれたSF小説。「華氏451度」という題名の意味は、(本の素材である)紙が燃え始める温度を意味している。本の所持や読書が禁じられた架空の社会を舞台に、SF界きっての抒情詩人が現代社会を鋭く風刺したディストピア小説の名作は、フランスのフランソワ・トリュフォー監督によって映画化されたことでも有名で、また、上演台本を担当する長塚圭史が長年舞台化を望んでいた作品であり、今回、KAAT芸術監督の白井晃とのタッグにより日本初の舞台化が実現する。
 
主役には映画・ドラマに幅広く活躍し、本格的な舞台公演は3年振りとなる吉沢悠、主人公の妻と、物語のキーパーソンとなる少女という対照的なニ役を兼ねるのは、パリを拠点に日仏で活躍する女優・美波。また、主人公を追い詰める上司役には、数々の舞台、映画で演じる個性的な役で作品に深みを与える吹越満、さらに確かな演技で白井からの信頼が厚い堀部圭亮や粟野史浩が脇を固めるほか、近年着実に実力をつけて活躍する土井ケイトが初めて白井作品に登場する。
 
【あらすじ】 
徹底した思想管理体制のもと、書物を読むことが禁じられ、情報は全てテレビやラジオによる画像や音声などの感覚的なものばかりで溢れている近未来。そこでは本の所持が禁止されており、発見された場合はただちに「ファイアマン」と呼ばれる機関が出動して焼却し、所有者は逮捕されることになっていた。そのファイアマンの一人であるモンターグは、当初は模範的な隊員だったが、ある日クラリスという女性と知り合い、彼女との交友を通じて、それまでの自分の所業に疑問を感じ始める。
モンターグは仕事の現場から隠れて持ち出した数々の本を読み始め、社会への疑問が高まっていく。そして、彼は追われる身となっていく…。

〈公演情報〉 
KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『華氏451度』
原作◇レイ・ブラッドベリ
演出◇白井晃   
上演台本◇長塚圭史
出演◇吉沢悠 美波 吹越満 堀部圭亮 粟野史浩 土井ケイト
●2018年9月下旬~10月◎KAAT神奈川芸術劇場
●2018年10月◎穂の国とよはし芸術劇場
●2018年11月◎兵庫県立芸術文化センター



『真夜中の弥次さん喜多さん』三重
kick shop nikkan engeki