中日劇場の緞帳「第二の人生」へ 一部は愛大で展示

3月に閉場した中日劇場(名古屋市中区)で、舞台と客席を仕切る緞帳(どんちょう)が15日、取り外された。一部は二張りのタペストリーに加工され、愛知大名古屋キャンパス(同市中村区)に展示される予定。 この緞帳は、1966年開場の中日劇場で開場35周年を記念して取り付けられた4代目。日本画家の平松礼二さん(76)=神奈川県鎌倉市=が描いた「モネの池に桜」を、高さ9・5メートル、幅21・8メートルの織物に仕立てた。 10人の作業員が、運びやすい大きさに裁断しながら取り外した。再生する部分は、緞帳を制作した京都 ...