キラキラが上昇していく背景動画素材 黄色 ゴールド(ロイヤリティーフリー映像素材/ Royalty Free Stock Footage)


映像制作コラム001 映像制作について

 

映像制作コラムその1 映像制作について

こんにちは。エントレを運営しているヴィレッヂの森脇です。

最近エントレでは僕が作ったCGや、撮影した映像素材の販売を始めました!

エントレ映像素材ストア

せっかくなので作った素材を必要な人に使ってもらおうと思い作った企画なので、ついでに映像制作についても何かコンテンツを作ってみようというのがこの記事の意図というわけです。

その1として、映像制作について、書いてみたいと思います。

 

今や、誰でも挑戦できる映像制作

僕が映像制作に初めて触れたのは、TVの制作会社に就職した時でしたが、その時はまだVHSやベーカムをダビングする編集機でオフライン編集を行っていました。その頃(2000年前半)はまだ映像制作は、テレビ局や映画を作っている人たちがやるものでした。
その後、何年かしてテレビ制作の現場でも「パソコン上のソフトでオフライン編集する」ということが一般的になってきて、さらにソフトや機材が進化して、徐々に一般ユーザーでも映像の編集ができるようになってきました。

そして、今、2018年ではスマホでも映像の撮影と編集ができるようになってしまって、すっかり誰でも映像制作を始められる世の中になりました。かつてはソフトも高かったですが、今はずいぶん安くなりましたしね。

 

映像編集のソフト

ちなみに、今僕がエントレの映像の編集に使っているソフトは、AppleのFinal Cut Pro X(ファイナルカット プロ テン)です。
価格を調べてみると、34,800円。昔はもっと高かったと思うんですが、編集ソフトとしてはかなり手の届きやすい価格になっていると思います。

その他に有名なのは、Adobe(アドビ)Premiere Pro CC(プレミアプロ)、PowerDirector、EDIUSなどでしょうか。プレミアの廉価版でプレミアエレメンツというのもあります。表にしてみましょう。

Final Cut Pro X 34,800円
Adobe Premiere Pro CC 月額2,180円 別プランあり
EDIUS PRO 9 64,584円
Premiere Elements 2018 15,800円
PowerDirector 10,000円~

 

映像初心者はどれを買うべきか?

スマホ版「PowerDirector」は、最近僕も遊んでいますが、無料バージョンでもいろんなことが出来るので、映像制作になれるには最適だと思います。
慣れたらPC版のPowerDirectorか、ファイナルカットを買ってみるという流れがオススメです。
 

映像制作コラム 記事一覧

 
(文:森脇孝/エントレ編集部)

このコラムを書いたのは

 

最近の映像素材

https://www.xcream.net/item/160002
青い惑星のような背景動画素材 01
青い惑星のような背景動画素材 01
炎の色の花のような背景動画素材
黄色の花のような背景動画素材
青い花のような背景動画素材
カラフルな円が回転する背景動画素材
炎の背景動画素材
宇宙とカラフルな線
銅(カッパー)の集中線
シルバーの集中線
ゴールドの集中線
青色(水色)の集中線
黄色の集中線
ピンクの集中線
マンガっぽい集中線
春らしい桜と青空_07
桜を撮影したもの
青空と桜
青空と桜
青空と桜
桜を撮影したもの
青空と桜
紫ベルベット布にたくさんの星 背景動画 ループ可能
青ベルベット布にたくさんの星
赤ベルベット布にたくさんの星
ベルベット風の布とたくさんの星 緑 ループ処理済み
青いラインの背景素材
東京のロングショット 04
東京のロングショット 03
東京のロングショット 02
東京のロングショット 01
東京のロングショット05
さくらの花びらが舞い散る背景素材
ピンクのキラキラのCG背景素材
青いキラキラのCG背景素材
黄色いキラキラのCG背景素材
白い羽が降ってくるCG背景素材
桜が降る背景動画

 ≫もっと見る

 

 

映像素材について

エントレの担当者が作ったCGや、撮影した映像素材などを、「ロイヤリティフリー映像素材」として販売しています。商用、非商用を問わず映像作りにご利用頂けます。舞台の予告編映像、劇中映像はもとより、結婚式のお祝い映像、企業のプレゼン動画、WEB CMなど、様々な用途でご利用ください!
 
エントレ映像素材ストア トップへ