静岡市民文化会館 26年までに整備

◆市長が市民と意見交換 静岡市のまちの未来について田辺信宏市長と市民が話し合う「しずおか まちづくりセッション」の初回が十二日、同市葵区の市葵生涯学習センター「アイセル21」であり、約二百二十人が集まった。 セッションは二部制。前半は、田辺市長が市が進めるまちづくりの現状を紹介。老朽化が進む市民文化会館の再整備を「今から八年後。二〇二六年までに整備をしようという計画だ」と発言。天守台が江戸城をしのぐ大きさだと分かった駿府城の再建に、三〇年ごろに道筋を付ける考えを示した。 後半は市民が市政に対する質問や ...