新国立劇場20周年インタビュー 飯守泰次郎・芸術監督<上> 世界の一流とのオペラ上演 日本の若手に刺激

新国立劇場が今年秋、オープンから20年を迎える。大・中・小三つの劇場からなる施設では連日、オペラ、バレエ、演劇などさまざまなジャンルの公演が開催され、活況を呈している。とりわけ、わが国初の常設オペラ劇場となったオペラパレス(大劇場)が日本のオペラ界、楽壇に果たした役割は大きい。そこで同劇場オペラ部門の飯守泰次郎・芸術監督と大野和士・次期監督に劇場の現在・過去・未来を語ってもらった。その1回目は任期最後の新制作演目、ベートーヴェンの「フィデリオ」の初日(20日)を目前に控えた飯守現監督に4年間の任期を振 ...