街のイメージはトイレから 神戸市内4300基を一新

街のイメージはトイレから−。神戸市は2018年度から市内全域で公設トイレのリニューアルに乗り出す。観光施設やホール、公園をはじめ、21年度までに改修を完了させる全学校園と合わせ、少なくとも約4300基のトイレを洋式化。各部局一斉に取り組むのは初めてで、同市のトイレ刷新としては過去最大規模になる。久元喜造市長は「トイレは街の印象を左右する。洋式化だけでなく女性用を増やすなど使いやすくしたい」と意気込む。(若林幹夫) 19年のラグビーワールドカップ日本大会は神戸でも開かれ、海外からの旅行客はさらに増える見 ...