東京から見た、関西から見た小劇場の現在とこれから

芸創講座『東京から見た、関西から見た小劇場の現在とこれから』

大阪市立芸術創造館(大阪市旭区)はこのほど「芸創講座」として、『東京から見た、関西から見た小劇場の現在とこれから』と題したレクチャーを開催する。日時は5月19日(土)14時~16時。参加費は1,500円(学生1,000円)、要事前申し込み。

関連サイト⇒芸創講座 『東京から見た、関西から見た小劇場の現在とこれから』

若旦那家康(コトリ会議所属/俳優兼制作者)がホスト役を務め、ゲストの徳永京子(演劇ジャーナリスト)と、大阪をはじめ関西の演劇界について、特に「小劇場」の観点で意見交換する。

【あわせて読みたい!】
◆インタビューシリーズ「TALK」若旦那家康さん(15.04/01)

◆『対ゲキだヨ!全員集合』のつくり方~異なる地方都市の3劇団が共同製作したら?~(16.03/28)

東京から見た、関西から見た小劇場の現在とこれから制作ニュースで公開された投稿です。